学資保険の選び方

学資保険と言えば数年前までは郵便局の学資保険しかなかったので選び必要がありませんでしたが、ここ数年色々な保険会社で学資保険が販売されていますから自分たちで選ばなくてはいけない状況になっています。
学資保険を選ぶ際のポイントのひとつ目としては学資保険が必要かどうかをまずは考えましょう。もしかすると学資保険が必要ではないとうケースもあるかもしれません。たとえばキチンと着実に自分は貯蓄して将来の学費を用意することができるといい切れる人には必要ありませんし、他の生命保険に入っていて、その生命保険の保障が十分につけられているのなら親が万が一のことがあっても教育資金は必要がありませんから、入る必要がありません。学資保険が必要かどうかをまずは考えて選ぶことが大切です。
そして学資保険が必要ということになれば次に選ぶポイントとしては貯蓄型の学資保険を選ぶのか、それとも保障型の学資保険を選ぶのかそういうことがポイントになってきます。どちらを選ぶかはその人のライフスタイルや、今加入している生命保険、医療保険によって違いますからどちらかを選びます。
そして学資保険の選び方の三つ目としては満期の時期で決めるという方法も愛rます。貯蓄型なのか保障型なのかが決まったら満期の時期を決めていきます。そして満期保険金額を設定することになります。毎月いくらの保険料を支払うのかということも併せてこの時点で考えて行き、学資保険を選ぶことになります。

学資保険ランキング

学資保険ランキングは今選ばれている人気の学資保険が何の学資保険なのか知ることができます。学資保険ランキングをみてみることで、これからどこの保険に加入しようかと迷っている人の場合にはスムーズに選ぶことができるのではないでしょうか。学資保険ランキングの上位にランクインしているものというのは返戻率がよかったり、特典があったり、祝い金がもらえたり、いろいろと手厚く保障されていて教育資金も積み立てていけるというタイプなど色々ありますが選ばれているのにはそれなりの理由がありますから、まずは学資保険ランキングの上位の商品の特徴を確認してみることから始めましょう。
学資保険ランキングの上位にランクインしている保険が一番いいということではありません。学資保険は自分にとって、子供さんにとってぴったりのものを選ぶ必要があります。たとえば契約者のお父さんである人に生命保険を手厚くかけているのでしたら学資保険は必要がないかもしれませんから普通の貯蓄で十分という可能性もありますので、その辺のライフスタイルやライフプラン今加入中の保険などとの兼ね合いもよくあ考えたうえで学資保険ランキングを参考にしましょう。
よく、学資保険ランキングの1位のものは選ばれているから、人気があるから一番だという意見がありますが、それは絶対に自分に合っているとは限りません。自分に合っているのかどうかをよく確かめて内容や特徴を理解したうえで参考程度にしましょう。

学資保険の注意点

学資保険に入る場合の注意点について紹介していきたいと思います。まず学資保険に入る場合には今加入している保険も含めて、保険内容が重ならないようにする必要があります。そして受け取る満期保険金、祝い金などにも所得税がかかってくることなども頭に入れて選ばなくてはいけません。
保険内容が重なっているということは一体どういうことになるのかというと、たとえば学資保険に入るより前にすでに他の生命保険に入っていたり共済にはいっている場合には保険内容をチェックしてみてください。保険内容をチェックしてみて、内容がかぶっていればその保険に入る必要はないですね。内容がかぶってしまったという場合には貯蓄型の保険を選ぶといいでしょう。
医療保険や死亡保険に一切履いていないという場合には親や子供に保障が必要ですから学資保険に入りながら医療保障もある保障型の学資保険を選ぶようにします。保証無いようが重複しているのかどうかを見ることで余分な保険料の支払いを抑えられます。
そして注意点として所得税がかかってくるという話になりますが、満期額資金も祝い金も所得税がかかってしまいますから、確定申告で申告するなり年末調整の時期に申告するということが大切です。一時所得の場合には最高額が50万円の特別控除の対象になっていますから、一時金を50万円以上もらわない限りは一時所得の対象になることはあまりないと言われていますがよく確認しておきましょう。

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

 

 

 

最新登録サイト表示

#サイト名PRリンク
1カードローン 審査10
2キャッシング 審査 甘い10
3消費者金融 審査10

TOP紹介サイト

#サイト名PRリンク
1消費者金融 審査10
2キャッシング 審査 甘い10
3カードローン 審査10